前へ
次へ

不動産取得より賃貸がおすすめ

マンションやアパート、もちろん、戸建ても賃貸にて不動産屋が提案しています。
部屋の間取り、家賃、住みたいエリアなど、それぞれに条件があるために不動産屋は優先順位に沿って、賃貸物件を紹介します。
集合住宅であるため、専有部分と共用部分が分かれています。
居住する専有部分であっても、賃貸物件は自分の住まいではありませんから、リフォームするにもルールがあります。
マンションに関する法律、標準管理規約もあるようです。
不動産取得には数千万円もの資金が必要ですから、初期費用として3ヶ月分の家賃、敷金や礼金合わせて数十万円で済むのならば、マイホーム資金を貯める間の借り住まいとしては魅力です。
賃貸ですから、気にならないなら引っ越しも気楽にできます。
また、こうした暮らしを繰り返すことで、暮らしの良し悪しも身につき、不動産取得時に失敗も少ないといいます。
勉強のつもりで失敗しても、買って失敗するようなリスクもコワくありません。

Page Top