前へ
次へ

不動産の賃貸契約はとても大変

不動産を借りるときというのには色々と求められることがあるのですが基本的に保証人などが求められることになります。
これは賃貸、という性質上、どうしても毎月の支払いということがあるわけですからその人が安定した収入を持っていたりする必要性があります。
また、それがきちんと支払われるかどうかということに貸す側としてはリスクがあるわけです。
だからこそ、まずはその手の保証というのが貸す側としては欲しいものであり、つまりは、保証人をつけて欲しいといわれることになります。
これは保証会社でも一向にかまわないということになりますのでそちらにするという人もいます。
不動産というのは賃貸に関しては相場の通りであれば持っている人としてはありがたいことではあるのですが、当然ですがキチンと家賃を支払ってくれることと、というのが最低条件になります。
だからこそ、貸す側としては信用できるのかどうか、ということがポイントになるわけです。

Page Top