前へ
次へ

不動産賃貸業務はとても遣り甲斐がある

私の父は不動産業を営んでいることもあり私も幼い頃からこの件について関心を持っていたのですが、学生時代は父の後を継ぐことなど全く考えていませんでした。
それが大学に入って様々なことを学ぶようになってから不動産について興味を持つようになり、特に賃貸業務はとても遣り甲斐のある仕事だと思いました。
賃貸業務の魅力はお客さんが探している物件を探して満足してもらうことで、どういった物件を欲しているのか自分の頭で考えなければならないところに面白みを感じました。
そこで大学を卒業した後直ぐに父が経営している会社に就職して一から勉強を始めたのですが、はじめのうちはお客さんの会話に付いて行くのがやっとで自分の頭で考えることなどできませんでした。
それから数年経って漸くお客さんの気持ちが分かるようになり探している物件を紹介できるようになったので、この仕事に遣り甲斐を感じるようになりました。
確かに賃貸業は法律に詳しくなければならず仲介者として間違いのないように業務を熟す必要があるので大変ですが、お客さんの要望に応えることができた時の喜びは何とも言えないのでこれからも頑張って仕事に励みたいと思っています。

Page Top